工務店を利用するメリット|プロ集団にお任せ

中古物件の増えている地域

間取り

駅まで歩ける一戸建て

神奈川は東京に次ぐ人口を抱える県です。企業の本社および支社、大学や専門学校が充実しているので転出入が多くなっています。しかし県内全ての自治体で人口が増えているわけではありません。そのような状況下でも人口増加が続いているのが藤沢市です。藤沢市には40万人を超える人々が暮らしています。住宅開発のネックとなるような山間部が少なく、首都圏に位置していることがメリットとなったのです。現在では東西南北に伸びる鉄道路線に沿って住宅地が広がっており、様々な形態の不動産物件が売り出されるようになりました。ところが藤沢市にも少子高齢化の波はせまっています。郊外に一戸建てを構えていた住人が高齢となり、より利便性の高い駅周辺のマンションに住み替えるようになったのです。そのため藤沢市では空き家となった中古一戸建てが数多く存在しています。中には建物を取り壊し、更地にして販売するケースもあります。中古一戸建ては新築物件に比べれば低い予算で購入可能なので、若いファミリー世帯からも注目されている不動産形態です。藤沢市では駅から徒歩15分程度の範囲で多くの中古一戸建てが販売されています。このくらいであれば鉄道路線を利用した毎日の通勤通学も、それほど苦にはならない距離です。さらに範囲を広げれば、自家用車を複数台置けるような敷地に余裕のある物件も見つかります。中古一戸建てを上手に活用すれば、ゆとりある暮らしが送れるのです。